ぼのぼの冒険記

日々の気付きをつづります。

日々の生活でいかに自分で自分を裁き続けているかが身に染みた…^^;

 

こんにちは^^ぼのぼのです。

 

 

「あの時、何てことしてしまったんだろう…」

 

「あの時、何であんなこと言ってしまったんだろう…」

 

「承諾したものの…自分にできるだろうか…」

 

「成功しなかったらどうしよう…」

 

などなど。

 

後悔したり、先のことを思って不安に思ったり。そういう気持ちが積もりに積もって「自分はダメ人間だな…」とかって自分を責めたりしたことって私はよくあるのですが、それが、無意識レベルで思ってしまっていることがあるって最近になって気付いたのです。

 

無意識に(特にリラックスしている状態に起こることが多いかもしれないです。)自分を責めている、自分は「ダメ人間」だと自分で自分を裁いている。

 

…冷静に考えると、それっておかしいことだなと思って。(苦笑)

 

わざわざ過去の記憶を引っ張り出して、しかも楽しくない、辛い記憶を引っ張り出してきて、その時の自分の失敗を振り返って悶え苦しむ。

 

先の不安だって、過去の記憶のデータから判断して、まだ起こっていない状態に対して恐れている。

 

どんなプレイだよ。(苦笑)

 

悪趣味な私だな…と思ったわけです。

 

ネガティブは「悪」ではないというのは、以前から気付いていたことだったのですが(同時にポジティブは「善」ではないとも言えますね。)、そうは言っても、やっぱり不安に思ったり、後悔したりするのはきっと今後もあると思うのです。

 

そんな想いが出てきた時に、私はすかさずツッコミを入れるように心がけるようになりました。^^

 

ふと、「ダメな自分」が出た場面だったり、体験した記憶が思い出された時、私は

 

「ああ、自分の『現状は』この程度なのだから仕方ないか。」

 

と、心の中でつぶやきます。(言っても良いと思いますが。)

 

…分かりますかね?^^;

 

この言葉、ただの諦めじゃないんです。

 

「自分はダメ人間」と諦める(思い込む)のではなく、「今の私」はこの程度(このレベル)なのだから仕方ないと俯瞰して見ている感じに思いませんか?(私はそう感じたのですが…笑)

 

しかも、「現状」なので、この先のことは言っていない。まさに、可能性は無限大。

この先の私はレベルが上がるかもしれない。

 

…ちょっと希望が持てませんか?^^

 

大事なのは、腑に落とすことなので、何もこの言葉じゃなくても良いのです。自分を客観的に捉えられる言葉だったら何でも良いのです。

 

「これが今の私の精一杯なのだから、仕方ないか。」とか。(でも、私の場合は「精一杯」という言葉に自信を持てなかったので、これは不採用になりましたが。^^;)

 

日常生活の中で、自分に対してちょっとでも責めてしまうことがあった時に、自分の言葉を予め用意しておいて、すぐツッコミを入れられるようにしておくと、不思議なことに悲劇のヒロインになりにくい!(笑)

 

きっと、自己否定していないからだと思います。むしろ、肯定的な考え方かも。

 

何度も言ってしつこいかもですが、自分を内観するって本当に大事だなと実感しています。

 

 

 

 

 

 

(*・ω・)ノシ♪