ぼのぼのほのぼの日記

日々の気持ちをつづります。

病気のおはなし。

 

初めましての方はこちらの記事で自己紹介しております。

 

bonobono-happylife.hatenablog.com

 

真穂さんのブログでご紹介していただいたおかげで今日のアクセス数の伸びがハンパないです!

真穂さん、改めまして、ありがとうございますm(_ _)m

 

これからも私はいつも通り、マイペースに自己満ブログを貫き通したいと思います。笑

 

今日は、もう少し私の病気の話に触れたいと思います。

病気って身体も心も理解できるようで中々なってみないと分からないことってあると思うんです。

 

今日はこれを書くことで私の気持ちが落ち着くような気がして書こうと決めました。

 

私の心の病気、「持続性気分障害」。

最初、聞いたとき、「え?障害?私、障がい者なの?」と、ドキッとしました。

 

でも、この診断名も職場に休職するために提出する診断書を見るまでは全く分からなかった。Drは何も教えてくれなかった。

まぁ、言ったところでどうなるわけでもないんですけどね。

ただ、当時の私は診断名が付いたことで、「あ、私は病気なんだ。」とどこかでホッとした気持ちになりました。ずっと違和感を感じたまま生きてきたから。

 

診察が終わった後、すぐに検索しました。「持続性気分障害とは」

…よく分かりませんでした^^;

先生の説明もしているようでしていないような内容で「???」でした。

状態としては「抑うつ状態」。

ウツの症状と似ていいるのだけれど、ウツではない。

もう少し検索しました。

ざっくり言うと、「ウツの症状よりも軽いけれど「抑うつ状態」がずっと続く。中にはこれが”性格”と思っている人もいる。思春期の頃から発症する場合もある。」みたいな内容。

 

Drが言うには、私も10代の頃から発症しているだろうとのこと。(私は休職きっかけに心療内科に通院したので「ホンマかいな」って心の中でつぶやきましたが…笑)

でも、生きづらい感じやネガティブ思考は昔からだし、根暗なのも性格なのかなと思っていました。そのことをDrに伝えると「でも、お薬効いてるでしょ?病気の証拠だよ。」と。なるほど。

 

Drに心を開こうと決めたのは本当に最近の話で、それこそ、真穂さんのブログ見てからの話で、それまではDrに自分の気持ちを話したところで理解してもらえないだろうと諦めの気持ちがありました。

そんな私なので、Drからも「あなたと話をしていても何を考えているのかわからない、どこか掴めない感じがする。」とばっさり言われてさらにどうしたら良いか分からず、症状もよくならないし…悪循環でした。

 

あ、症状としては、私の場合不安感や緊張感が強く出ます。それを抑える安定剤を飲んでいます。

薬を飲みながら仕事をしていた時は、肩こりや頭痛、眩暈、過呼吸etc. が出て、電車やバスに乗るのが恐怖になり、熱中症にも2回かかって休みがちになり、最終的には「朝起きれない病(私が命名。笑)」が出て休職という流れになりました。

 

私の中でこの「朝起きれない病」が中々理解してくれないんじゃないかと勝手に思い込み、職場に休みの連絡を入れる時は休職するまで素直に言えなかったです。

ずる休みしているんじゃないかって思われたら嫌だなって思いながら連絡していました。それが苦痛でした。

 

休職が決まった後も気持ちは休まりませんでした。ここが適応障害とは違うところなのかなと思います。

Drからは「身体は元気なのだから外出して」と言われるし、職場からは「ゆっくり休んでください=ヘタに出歩くなよ」的な意味を含んでいるのではないかとこれまた勝手に思い込んでどうして良いかつい最近まで悩んでいました。

 

そう、全然、自分軸で生きていないのです。

自分の気持ち置き去りにしっ放しなのです。

自分はどうしたいのか、全然聞いてこなかったのです。

 

1回目の休職の時も私の考える「社会」というものがあり、その「社会」から取り残されているという恐怖から逃れたくて、気持ちとしては全然働きたくなかったのに、戻りたくなかったのに、Drに「復職したいです!」ってずっと言い続けてました。

 

で、無事に(?)復職し、1年半後、異動して環境が変わったらまた頑張れるだろうと思ったら2年も経たないうちにまた休職。

さすがに落ち込みました。自分何やってんだろうって。

全然、自分の心のこと、身体のこと分かってないじゃんって。

 

もっと自分のこと大切にしなきゃと思い始めて、何気なく検索して真穂さんのブログに出会い、私の考え方が180度変わり、更に自分のこと最優先に考えられるようになってきました。

 

今まで「休職=肩身の狭い思い」をしていた私。(これも私の思い込み。苦笑)

それが、今の環境を最大限に活かそうと考えを変えました。

 

Drの話にも耳を傾けるけど、私の気持ちを最優先に考えようとか。

例えば、外出しなさいと言われているけど、行きたくない日は無理して外出しないとか。

例えばゆっくりしてくださいと職場の方から言われているけど、外出したいときは思い切って外出しちゃおうとか。(日中、誰か知り合いに会ったら嫌だなと思っていましたが、今は気にならなくなりました^^)

 

ようやく気持ちが、心が休まってきました。

本当のお休みを得られています。

もちろん、お給料はガクンと減って使える範囲は限られているけれど、心は満たされてきています。

 

だからこそ、新たな目標ができたのかもしれません。

「薬を断とう!」「病気を治そう!」と。

こんな考え、私の中から出てくるなんて思いもしませんでした。一生付き合っていくとばかり思い込んでいたから。

 

そう、私は思い込みが激しいのです^^;

何年かかるか分かりません。でも一日一日、自分を大切に生きていたらいつの間にか治ってたなんてこともあるかもしれません。

 

今まで自分を労わってあげられなかった分、思い切り自分を愛そうと改めて決意しました。

 

1月からの真穂さんとのセッション、とてもドキドキしますが、充実した日々に益々なりますようにと願いを込めて🌠

 

 

 

 

 

(*・ω・)ノシ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする