ぼのぼのほのぼの日記

日々の気持ちをつづります。

父に対する変化

 

私は父が嫌い。

 

「苦手」の方が正しいかもしれない。

 

どう関わって良いか分からなかった。

 

ついさっきまで。

 

「父のせいで男性が苦手になった」

 

「父のせいで今まで彼氏ができなかった」

 

「父のせいで心の病気になった」

(※これは、Drから病気の原因は仕事ではなく父親との関係からくると言われてから。)

 

「父のせいで仕事を辞めさせてくれない」

 

「父のせいで家族が不幸!」

 

「父のせいで…父のせいで…」

 

なーんでも父のせいにしてきた。

 

こう、文章にすると本当に極端だなーって思うけど、

 

本気でそう思ってた。

 

ついさっきまで。

 

でも、一気に気持ちが変化した。

 

自分でもびっくり。

 

それは、一昨日と昨日の出来事をふと思い返したら劇的ビフォーアフター。笑

 

 

 

一昨日の出来事。

 

高校時代にお世話になっていた先生とお話する機会があって。

 

その先生には前回の休職のことも、今回の休職のことも知っていて、

 

いつも何かと気にかけてくれる先生。

 

本当にありがたいと思っていて。

 

その先生に以前、「仕事辞めちゃえよ。そんなところにしがみつくことなんてないよ。」

 

って、言ってくれてたんです。

 

私の中に「辞める」っていう気持ちがあるっていうのは薄々感じていたのですが、他人から言われることってなかったんです。

 

「せっかく入ったんだから(辞めるの)もったいないよ。」っていう雰囲気が周りにはあって(って、勝手に感じていて)、

 

ちゃんと私の意見に賛同してくれたのは母親と先生だけでした。

 

今は、2人もいてくれるんだから十分だなと思えるから不思議。

 

 

で、私は早速、その日に父親にさり気なく(でもないけど笑)めっちゃ緊張しながらも仕事辞めたいことを母親を交えて話しました。

 

が、父親、大激怒。

 

先生に対して

 

「教師という立場からなんてこと言うやつだ!」

 

「教師だからそんなこと言えるんだ!」

 

と、先生の悪口が始まり、

 

「今は病気を治すことだけを考えていれば良いんだ!」

 

「仕事のことはその後考えればいいんだ!」

 

「辞めるなんて何てことだ!」

 

と、感情を高ぶらせて言われました。

 

その時の私は

 

「あ、(やっぱり)ダメなんだな…」

 

という諦めと、

 

「分かってくれなかった…」

 

という絶望感があって涙すら出なかった。

 

 

で、一昨日。

 

先生に「父親から(仕事)辞めるなって言われたんですよね…」って言ってみたら、

 

「そりゃ、言われるよー。俺と立場が違うもん。」

 

と、軽く一言。笑

 

へ?

 

そうなの?

 

と、少々呆気にとられ、

 

「〇〇(私)は、仕事辞めればいいよ。ただ、今は仕事したくないんだから休めるだけ休んでやりたいこと見つければその後辞めればいいんだよ。今、休める環境にいるのは〇〇(私)の特権だよ。」

 

と、言ってくれて。

 

ああ、そうか。と。

 

それから、父親から言われた

 

「今は病気を治すことだけを考えていれば良いんだ!」

 

「仕事のことはその後考えればいいんだ!」

 

「辞めるなんて何てことだ!」

 

って言う言葉が責められていると感じていたのに

 

今は「私のことを想って言ってくれたのかな…」

 

と、考え方に変化が!

 

この変化が一つ。

 

もう一つは昨日の出来事。(今日は長いな。笑)

 

 

 

母親と映画を観に行って、(「この世界の片隅に」観ました。最初のコトリンゴさんの歌から涙…この映画の感想も書きたいが、また後日。)

 

その後ご飯を食べた時にふと、

 

「聞いてみよう」

 

と思い立ち、

 

父親と結婚した決め手は何?

 

と思い切って聞いてみました。

 

母親は最初驚いた様子だったけど、

 

「私も考えるんだよね」と笑いながら言って、

 

「背伸びしない相手だったからかな」

 

っていう言葉に私がビックリ!笑

 

へ?

 

そうなの?

 

あんなに大声出すのに?

 

毎日怒鳴り声するのに?

 

背伸びしない相手?

 

…信じられない。笑

 

「でも、私が小さかった頃は父親から怒鳴られても言い返さなかったじゃん。」

(今はお互い気持ちよくケンカしています笑)

 

「あれは私(母親)まで言い返してたら近所迷惑になるなと思って言わなかったの。私(母親)が我慢すれば怒鳴り声も収まるかなと思って。」

 

「当時は世間体を気にしていたところはあったんだけど、今は〇〇(父親)も丸くなったし、私(母親)も言いたいこと言ってるの。笑」

 

私はずっと母親は父親を嫌ってたと思ってきていて、

 

何で離婚しなかったんだろうって思っていて、

 

だから私は離婚してもいいように経済力つけておこうとまで考えていたのに(母親を扶養するために。笑)、

 

父親のことを「背伸びしない相手」と思っていたなんて…

 

マジ、衝撃的。笑

 

 

 

まぁ、そんなことがありまして、

 

父親と母親は相思相愛で

 

私と兄(突然出てきましたが、兄はもう家族をもっています♡)は愛されて生まれてきたんだと

 

望まれて生まれてきたんだと

 

改めて実感。

 

そう思ったら、父親に対する苦手意識がどこへやら…

 

今はまだ言いませんが、父親に仕事のことでまた怒鳴られることがあっても

 

言い返せる気がする!(どーん!言っちゃった♡)

 

こんな感覚初めてだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

(*・ω・)ノシ♪

 

 

 

広告を非表示にする