ぼのぼのほのぼの日記

日々の気持ちをつづります。

「考えない」をやってみて。

 

考えない時間を作るって大事だな~と思いました。

 

私は何でも考えてしまう癖があって、今ではそろそろ始まる職場復帰のことを考えたり、好きな人のことを考えたり、バンド活動のことを考えたり、決して考えること自体が辛いわけではないのですが(むしろワクワクすることの方が多いかもです。笑)、常に

 

「頭を働かせている」

 

「忙しく感じていないと落ち着かない」

 

「予定を埋めたくなる」

 

ことに気が付きました。

 

学生時代はそんな性格していなかったような気がします。もっとのんびりしていたような…あ、でも、小学生時代は習い事、中学・高校生時代は部活漬けの毎日、大学生時代はサークル掛け持ちしながら実習とバイト…やっぱり忙しくしてたな…^^;

 

何でも「やりたがり」な所があって、興味を持ちやすい性格なのかもです。

 

で、現在お仕事をお休みしている中で、これまでは仕事のことを考える「代わりに」婚活サイトに登録してみたり、ボランティアに参加してみたり、オフ会に参加してみたりしたのですが、やっぱり「代わり」にはなりませんでした。

 

気を紛らわそうとしただけで、根本的には「仕事のことを考えていたい」という気持ちがあったから「仕事に関する話題」に敏感になっていた所はありました。

 

「お仕事は何やってるんですか?」

 

「どんなお仕事なんですか?」

 

聞かれるたびに、仕事内容と現在休職中のことを話すのが嫌になっている自分がいました。

 

ですが、お仕事の話題はしたくないなという気持ちを持ちながら、「休職中もお仕事のことを考えていることで、『休職している私』を許してもらおう」っていう邪な想いがあったんだなってことにふと気が付いたんです。

 

だからその願い、叶っていたんです。

 

仕事のこと考えたくないって思っていたつもりが、本当は考えていたかった。考えることで今の自分の状態を許してもらおうとしていたんです。(いったい誰に?って感じですが…)

 

だから、この考えはもうやめよう、っていうより、もう「考えること自体やめよう」と決意したら、「あ、今後のこと考えて不安がったり怖がったりするのもやめよう」という気持ちにもなり、「あ、考えないって心地いいな~´ω`*」っていう気分に変わりました。

 

そうしたら、私の今までの行動は、全て「お仕事のため」と思ってやっていた行動だったんだなってことに気が付きました。

 

どんだけお仕事に心が支配されていたのかが分かりました。

 

私はこのまま順調に行けば来月から職場復帰になります。

 

それまでに「考えない」練習を積んで(笑)、少しでも心にゆとりを持ってその日を迎えたいと思います。

 

あ、そういえば、バンドメンバーの皆さんからはお仕事のことや職場のこと聞かれなかったな…

 

あ、そういえば、考えなくなってから好きな人ができたな…

 

感性が磨かれてきたのかな…

 

 

 

 

 

 

 

(*・ω・)ノシ♪