日々の気付きノート

日々の気付きをつづります。

もしもシリーズ(になるかは分からないけれど)『もし道徳の授業がこんな授業になったら』

 

こんにちは^^ぼのぼのです。

 

f:id:bonobono-happylife:20180712102238j:plain

※しばらく旅行の時の写真を掲載すると思います。^^

 

私は現在、ココナラでサービスをお試しで行っておりますが、メールでは更にがっつりと深くサービスを提供するために実験台(表現…汗)になっていただいている方がいらっしゃいます。^^

 

おかげさまで、私自身もどのようにサービスを提供していくのが最善なのかと色々試させていただいて、とても参考にさせていただいております。

 

旅行だったり、昨日は熱中症になってしまったりで(今はもう元気です。^^)、メールのお返事やサービスの提供が滞ってしまっていて大変申し訳ないと同時に、今後このようなことがないように対策を考えたいと思いますので、引き続き御贔屓に。

 

 

私は朝、3分ぐらい瞑想しているのですが、その時にふと「道徳の授業が心の仕組みを学べる機会になったらもっと生きやすい世界になるのではないか」と思いました。

 

今の学校事情が分からないので何とも言えないのですが、私が小学生の頃は『道徳の授業=TVを観る時間』で、今思えば「受け身の授業」だったなと思います。

TVを観た後、振り返りの時間があったらまだ良かったとは思いますが、ただ観ておしまいだった当時の授業は正直、「ラッキーな時間」でした。

教師も他の仕事ができて「ラッキーな時間」だったのかもしれません。

 

ですが、もし、道徳の授業が心の仕組みを学べる場だったとしたら…

 

・なぜ、いじめが発生してしまうのか

・なぜ、人の嫌がることをしてはいけないのか

・なぜ、生きるのか

などなどの『答え』が当たり前のように分かるようになります。

 

なぜ『1+1=2』となるのかが分かるように。(数学者の方から見れば、1+1=2の説明は難しいと仰るかもしれませんが、あくまで、小学生が腑に落ちればOKという解釈です。)

もし、小さい頃から心の仕組みを学べる場があれば、その子たちが大人になって家族ができたときに、お家でも子どもたちに当たり前のようにしつけとして分かりやすく教えることができます。^^

 

今は学校も色々な取り組みをされていると思いますので、道徳の授業も重要視されていると思いますが、やはり、教える側もきちんと腑に落ちてる状態の方が説得力が増すと思うのです。

なので、興味を持たれている方はぜひ!心の仕組みを学んでほしいなと思います。^^

 

ご自身のためにも。未来のためにも。

 

そして学びの場としてぼのぼのを活用してくださるならぜひぜひ、ココナラやメールでお問い合わせください。^^

 

 

ではでは、これからメールの作成に取り掛かりますね!(p'ω')q

(遅くなってごめんなさい!!>人<)

 

 

 

 

 

 

(*・ω・)ノシ♪